医療施設向け

産科施設において 【妊娠糖尿病管理コンサルタント】

<スクリーニング検査><インスリンを使用しない食事管理>のトータルサポート
栄養士のトレーニング付き 体重管理、貧血の食事指導も可能です

妊娠糖尿病の方へのサポートをするための知識、科学的根拠を得ることができます。
妊娠糖尿病を自施設で管理できることにより、分娩数増加に導けます。
すぐに栄養管理を実践できるよう施設に合わせた資料をご用意し、研究のための必要なデータをご提案できます。

<これまで行ってきた妊娠糖尿病管理コンサルタントスケジュール例>

スタッフ全体勉強会 2~3回 + 同時に栄養士教育(栄養相談見学と実践指導5~16日)
スクリーニングと診断スタート後 の不具合相談 数回(オンライン・面会)
SMBG導入・栄養相談の保険点数・分娩時の使用点滴・分娩後のSMBGほか
スタッフ全体勉強会 (改善点の連絡・分娩前後の対応など)
GDMの栄養士勉強会(月2回オンラインで他施設合同開催 サポート期間中)※栄養士が他施設との連携もできるチャンスに

コンサルタント料金:168万円(税込 交通費・宿泊費別)/1年間

産科婦人科施設において 【院内研修の講師】

「妊婦の体重管理のポイント」「妊娠体質の基本の食」など

栄養士不在の施設で、助産師や看護師が中心に栄養教育をするためのコツや学会の最新情報などを講義します。
すぐに実践できる患者への声掛けの仕方やスタッフ自身が食の見直しを行えるようになるなど好評です。

<これまで行ってきた院内研修の例>

「産科に栄養士を置くメリット」「妊婦の体重管理の食事指導」「不妊治療中の肥満女性への指導方法」など

講演料:10万円 時間制限なし (税込 交通費別)

婦人科施設において 【患者向け勉強会講師】

「妊娠マインドになる!」「妊娠体質の基本の食」など

食生活はもちろん、医師やスタッフから伝えにくい不妊治療中の心の改善についてお伝えします。明るく笑いのある勉強会でリフレッシュするだけでも妊娠率がアップします。

講演料:5.5万円/時間 (税込 交通費別)

婦人科施設において 【栄養士不在でも栄養サポートができる月契約】

「食」でできる「身体」作り + ストレス緩和で妊娠に導く「心構え」

・オンラインによる患者サポート
・患者を多角的にサポートできるスタッフ育成

 などを行います

栄養サポートの導入メリット
①他施設との差別化
不妊治療に「食」「心」のサポートを行う施設として患者様などにアプローチできます

②妊娠率の上昇
スタッフによる「食」・「心」のサポートによって患者が妊娠体質・妊娠マインドへ近づきます

③スタッフのスキルアップ
栄養・心理について定期的に学ぶ機会を持つことで医療への自信がつき、スタッフ自身の心身の健康にも役立ちます


契約費用:3.3万円~/月 (税込)